スポンサーサイト

2012.06.03 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ラプンツェル〜作者裏話(2)

2011.05.18 Wednesday



グリム童話『ラプンツェル』を完全リメイク。甘くて禁断、ちょっぴりエロスな書き下ろしとして登場です。塔の中に閉じ込められた美少女ラプンツェル、偏愛で狂気的な愛に囚われた魔法使いの男。自由奔放な美少年の王子様。
今までにない、切なく甘い物語の結末とは……。

近日発売予定!



★゜'.:*:.。.::.'゜☆。★゜'.:*:.。.::.'゜☆。★゜'.:*:.。.::.'゜☆。



 逢見先生、どうもありがとうございました!

今回は「花姫のメランコッタ」や「アネモネの国へ…」を手がけた
緒方先生の登場です。

「搭の上の秘め事 髪長姫(ラプンツェル)」では
作画担当をつとめていただきました。

それでは緒方先生、宜しくお願いします!


★゜'.:*:.。.::.'゜☆。★゜'.:*:.。.::.'゜☆。★゜'.:*:.。.::.'゜☆。





こんにちは!塔の上の秘め事 髪長姫(ラプンツェル)
作画担当の緒方りんこと申します。



ちょうど一年くらい前でしょうか…。
「童話ベースの漫画を描きませんか?」と編集長からお声をかけていただきました。


その頃わたしは別の出版社でもぞもぞしていたのですがなかなか芽が出ず、
自分がどういった漫画を描きたいのかわからなくなっていた時期でもあります。


いっそのこと商業の漫画はお休みして、
別の仕事をしながら漫画は趣味で描こうかな…とぼんやり考えたりもしていました。



わたしが描きたい漫画の中に、童話ベースの漫画もふくまれていたので、
「童話ベースの漫画を描きませんか?」と編集長から
お声をかけていただいたときの嬉しさといったら…!

そして幸運にもご連絡をくださったとき丁度東京に滞在しており、
即刻打ち合わせもすることが出来ました。




なにより原作の逢見さんのシナリオが本当に魅力的だったのです!




とても巡りあわせがよく、なにか運命的なものを感じこの仕事を受けることに決めました。





童話や昔ばなしがとても好きです。

ストーリーはとてもわかりやすく、そしてかわいらしいビジュアル。
でもその中に込められた人間の残酷さや世間の厳しさ。

物語を通して人生を学べるところが奥深く、とても魅力を感じていました。




わたしと逢見さんと編集長で作りあげたラプンツェルという作品は、
TLの要素も含みつつ、童話の普遍的なテーマも盛り込んでいる作品に仕上がったと思います。



そしてわたしも逢見さんと同様、
感想などいただけたらとても嬉しいです!

感想は各書店さまのレビューに書きこんでくださっても構いませんし、
もちろん編集部でも受け付けております!
わたしや逢見さんに直接送ってくださってもかまいません。

どうぞご覧になってください!




次回は再び、原作者の逢見さんが登場です。
インタビュー形式でお送りします!



そちらのほうもお楽しみいただけたら嬉しいです!



緒方りんこでした。



「アネモネの国へ…」著 緒方りんこ

アネモネの国へ…


緒方りんこ先生のBLOGはコチラ



逢見るい先生のBLOGはコチラ





 


スポンサーサイト

2012.06.03 Sunday
  • 21:35
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク